いつかアメリカへ留学したい人へ
2019年3月31日

高校留学を希望するのなら私立高校もお勧め

高校留学によって本格的に1年間ぐらいの滞在をしたいのならば、留学をしやすい環境の私立高校へ進学するのもお勧めです。

オリジナルの教育方針に従って運営されている私立高校は、万人に教えている公立学校に比べて柔軟性が高く、日本の高校生として在籍しながら長期留学を行えます。国際的な交流が盛んな私立高校では、毎年提携している海外の高校との交換留学を行っているところもあり、その交換留学の枠に入れれば、高校留学であってもその高校の代表として、歓迎される形で現地へ向かえます。

さらに、高校留学によって現地で取得した授業の単位が、日本の高校でもそのまま認定されやすく、自分の都合で留学先を選ぶ場合でも有利になるのです。交換留学は、高校留学においてよくある方法で、お互いの国の文化を若者に直接体験させて、相互理解を深めていくのが目的になっています。そのため、期間は約1年間で固定しているケースが多く、様々な制約がある代わりに、一部の寄付金を除いて、授業料は免除されるのが一般的です。

NPOによって実施されている交換留学も良いのですが、その高校が独自に行っている交換留学の方が色々な点で便宜を図ってもらえますし、帰国してからの待遇としても考慮してもらえます。将来的に語学力を使って国際的な仕事を行いたいのならば、高校生のうちにスムーズに留学できる私立高校も検討してみましょう。語学力を活かしての仕事では、その国の文化などへの理解が欠かせず、若いうちに現地で勉強をしながら暮らした経験があると、大きなアドバンテージを得られます。
セブ留学のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *