いつかアメリカへ留学したい人へ
2019年4月3日

高校留学すると価値観が変わります

世界のグローバル化に於いて、日本も同様にグローバル人材の早期育成を通し、幅広いジャンルでの活躍が期待されています。

育成について、大手企業は若手を早い段階から海外留学や現地派遣させ、グローバル感を養わせ、若手社員がワールドワイドビジネスの主軸を担うようになってきています。なので、年々増加しているこれら取組を踏まえて、個人としてもグルーバル感の早期習得の必然性が高まり、早い事に越したことはないので高校留学を推奨します。高校留学は、2種類あります。短期留学と長期留学があります。

短期留学は、2週間から1ヶ月程度、特に夏休みや冬休みを利用して留学します。長期留学は、一年間程度の留学となります。高校留学をしたいなら、サポートが手厚い高校を視野に入れて検討すると良いでしょう。具体的に見るべきポイントは、姉妹校があるや補助金が出る、また、語学学習の環境整備にも力を入れている所も見逃してはいけません。外国人教師がいるやOA語学教室が設置しており、生徒が空き時間を利用し自己学習できる環境が有ることも必要になってきます。

更に、交換留学が有るのも魅力的検討ポイントになるのでは無いでしょうか。年齢が近い外国人を受けることによって日本文化や価値観の違いを理解することで価値観を広げることに繋がります。昨今の人気はアメリカやオーストラリアだけではなく中国や韓国のアジアも人気が出てきています。兎に角、自分でグローバル感を感じてみると、日本は狭いを思うはず。
セブ留学のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *