いつかアメリカへ留学したい人へ
2019年7月3日

高校留学は将来のプラスになる

留学というと、大学留学が多いですが、高校留学でも試してみる価値はあります。

大学留学の場合は、試験があり、それに合格するのが容易ではありません。しかし、高校留学の場合は、難しい試験を受けないでも学校に入れる場合があります。この点が大きなメリットになります。もう一つのメリットは、中学校で基本的な英語を習っていることです。

そのために中学校で習ったことを土台にして、英語力を発展させられます。日本で生活していたら、日本語に頼ってしまうので、英語力を高めるのは難しい場合があります。しかし、高校留学をすれば、どうしても英語を使うことになるので、英語力が伸びていく生徒が多いです。年代的にも高校の時に留学するのは、プラスになります。一番多感な時期なので、異国での生活を自分の血肉にすることができます。英語の上達が一番目的になりますが、人間的に成長できる良さがあります。

日本の高校から離れるので、一時的に学力が落ちることもあるでしょう。しかし、それは帰国してから取り戻すことができます。英語に対する苦手意識がなくなるのも、高校留学の良さです。一般に多くの日本人は英語を苦手にしています。昔だったら、英語を使えないでも生活できました。しかし、現代社会はグローバル化しており、英語を使わなければ、他の国の人とコミュニケーションできません。高校留学により、英語に対する苦手意識を和らげることで、社会に出てから他の人に差をつけられるようになります。
カナダ留学のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *